home > レンタルと販売のお得情報 > 訪問着に合わせる帯の選び方

訪問着に合わせる帯の選び方

着物を着る場合に帯も非常に重要な役割をします。種類も理解することも基本になります。様々な種類があります。基本的には、華やかさを表現したいということで、他の人たちの目を引くファッションの意識が中心になります。
そして、現代になるとより簡単に着ることができて、使いやすい結び方などになってきました。選ぶ場合には、礼装としての着物とカジュアルな雰囲気のある訪問着などの着物により、選び方も変わってきます。
デザインなども着物とセットでなければバランスが悪くなり、しっくりいかないということは理解できます。ですので、着ていく場所により着物が変わるように、選び方も変わってきます。基本的には長さと幅、格の違いなどで選ぶことになります。
また種類の違いも理解しておく必要があります。

選び方としては、基準としては今は袋帯が中心になります。それから幅が狭いカジュアルなものや芯のないものまで様々です。幅や長さ形から礼装用やカジュアル用に商品が別れています。礼装用を中心に簡略化したり、変化させたものがカジュアル用になっています。これは他の分野の衣類とも同じ流れです。
そして、染や織りなどの違いでも格が違ってきますし、価格も変化します。その中で、自分の気に入ったものを選んで購入します。購入する場合でも用途によって選ぶ種類が決まっていて、その中から選ぶことになります。どれでも良いということではありません。
そして基本的には着物の格に合わせて選ぶ必要があります。あくまでも主体は着物です。訪問着の場合も合わせるタイプやデザインなどを考えて選ぶことになります。

袋帯が今の中心ですが、礼装用に利用する場合は、金や銀、白などを貴重にしたデザインの場合は礼装用になります。それ以外の色の場合にはカジュアルな使い方になります。柄を見てみれば格式を感じたり、品を感じたりするデザインや色が礼装用ということは誰もが理解します。
デザインや色、雰囲気、格調などを感じてみるとわかりやすいかもしれません。当然ながらお値段も礼装用の方が高くなります。
その他柄では織りと染の違いがあります。これも当然ながら織ってある方が手間もかかりますので格が上になります。ただし例外もあり、金や銀が含まれている場合には、染の方が上の場合もあります。
種類も名古屋、半幅、へこなどがありますので、用途や好みによって選び方も違ってきます。また柄にも種類がありますので、その知識も知っておく必要があります。

PAGE TOP