home > レンタルと販売のお得情報 > 訪問着と他の着物の違い

訪問着と他の着物の違い

日本の衣装としては和服がありますが、もともとは今の洋服のような普段着から礼装用のものまでありました。
しかし、その後洋服が着られるようになると、着やすいということで洋服が多く使われるようになりました。それで和服は礼装用の格の高い衣装として今に至っています。これは世界中の国での傾向と同じで。民族衣装は礼装用に着られることが多くなっています。
和服の種類としては、留袖や振袖、訪問着などがありますが、とくに留袖と訪問着の違いは理解しておく必要があります。留袖には黒留袖と色留袖があり、礼装用の正装として利用されています。
訪問着は気軽に着ることができる着物ということで大正時代に生まれましたが、今ではフォーマルからカジュアルまで着ることができて便利な衣装になっています。

区別の方法としては、上半身と下半身の柄でできます。留袖の場合には柄が下半身だけにあります。上半身は紋などだけです。訪問着の倍には、上半身から下半身まで流れるようにデザインされています。あるいは上半身にワンポイントの柄があります。
これで区別をつけることができます。華やかさということでは、訪問着の方が目立ちますが、格式ということでは、留袖の方が格が上という感じもします。
日本の文化としても、すべてが華やかさということではなく、わびやさび、落ち着きなどが華やかさよりも上にあるということなのかもしれません。訪問着は、もともとが社交着として準礼装ということで生まれましたが、未婚でも既婚でも着ることができる礼装としても重宝されています。

格式からでは留袖がいちばん上位に来ますが、その次が訪問着になります。非常に鮮やかなデザインになっていますが、フォーマルとカジュアルの違いは、帯や小物などでも調節ができます。
様々な式典から披露宴などのパーティーまで着ることができるので、非常に便利な着物でもあります。帯の柄などでも印象が変わりますが、改まった場面などでは、格調の高い帯を身につけるだけで、全体が格調高く見えますし、パーティーなどではカジュアルな帯を選ぶだけでその場に合ったスタイルに変身できます。
若い人から年配の人まで幅広く着られますので、その点からも長く着ることができるというメリットまります。この訪問着を簡略化したものがつけさげになります。
これは見た目もカジュアルなので、訪問着では大げさだと考えられる場面で着ることができます。着物といっても様々な種類があることがわかります。

次の記事へ

PAGE TOP