home > レンタルと販売のお得情報 > 絽の着物で訪問着は涼しげに見える

絽の着物で訪問着は涼しげに見える

夏は暑い為、着物を着る習慣が少なくなるといわれていますが、種類によっては夏らしく涼しげな物がたくさんあります。
好みに合わせて選ぶことによって着心地のよいものを手にいれられるでしょう。
夏に似合う訪問着といわれているのは、絽の着物です。
絽とは降り方の一種と一説で言われており、風通しのよい着方ができる織物として作られている物を和服として仕立て上げたといわれています。
裏地がついていないため涼しく見えるだけでなく、通常の和服よりも身につけるときに風通しがよいのが特徴で、真夏の和服として最適です。
身につける時には絽にあった帯や半襟といった小物を選びましょう。
小物にこだわることによって、絽のよさを引き出せるばかりでなく、品のある和装に仕上がるといわれています。
涼しげな柄も多く存在する為、呉服店で相談しましょう。



着物の訪問着を作る場合のポイント

訪問着は着物の中でも用途が広いので、便利ですが、用途にあった着物を購入しておく必要があります。
とくに初めて訪問着を購入する場合には、自分の用途を自分で理解しておき、どの場面で使うことが多いかを着物の専門店の担当者に伝えることが必要です。
そうすると相手もプロなので、その場面を想定して、本人に遭った訪問着を選んでくれるようになります。
何を作ってほしいかということを相手に明確にイメージとして伝えることができればできるほど、購入する側と作る側のイメージが合うので作りやすくなります。
目的な明確でないと何となく作ってしまうということで、自分のイメージに合わないような出来になってしまいます。
購入する人に合ったものを勧めてはくれるでしょうが、より具体的なイメージを持っていた方がお互いに満足しやすくなります。
その点も大切です。



着物の訪問着の購入と他の人の意見

訪問着を購入する場合には、着物に詳しい人やファッションセンスがある人、本人の好みを理解している親族や友人などと一緒にに選ぶようにすると、本人に合っている着物を選ぶことができます。
着物もファッションなのでカジュアルからフォーマルまで色々あります。
とくに訪問着は、その幅が広いので、選ぶ場合も難しくなります。
絵柄や雰囲気、色など総合して、その人にとって一番美しく見えるように作ります。
そしてそれを購入するわけですから、自分だけで作る場合は、何度も作って慣れている人が、自分を美しく演出できるものを依頼できます。
とくに初めての場合には、一緒に選んでくれる客観的に見てくれる相手に一緒に行ってもらうのが無難です。
自分のことは自分がいちばん良く知っていると考えやすいですが、他者から見て似合っているという評価の方が信頼できます。

次の記事へ

PAGE TOP