home > レンタルと販売のお得情報 > 着物でヒロインになる訪問着スタイル

着物でヒロインになる訪問着スタイル

パーティーに招かれることが多くなる季節になると、自分らしく輝ける訪問着が必要になってきます。
たとえば、水色地に桜の花びらを様々な技法で表した総刺繍の贅沢な訪問着は、パステル調の七宝文の帯を合わせれば、華やかなパーティスタイルとなり注目を集めることができます。
また、ごく淡いベビーピンク地に西洋風の唐花や唐草模様を淡色であしらった、まるで砂糖菓子のような訪問着は白地の袋帯をあわせ、全身のトーンをそろえることで、ドレスのように着物を軽やかに着こなすことが可能です。
ほかにも、水色が買ったグレーに疋田を配した雪輪を重ねた模様を表したデザイン豊かなシックな着物は、梅や松というおめでたさのある帯を合わせることで、日本情緒の薫る着こなしになります。
ひわ色の帯締めをアクセントにすれば新春らしさを出すこともできます。



おしゃれ着物はすっきりデザインの訪問着で

訪問着というと柄が多い着物という印象が強いという人もいますが、シンプルなデザインで軽やか、フォーマルな場だけでなく、着ていくシーンをあまり選ばないものもあります。
緑みのある紺地に、ごく小さな色紙を刺繍で配したおしゃれな訪問着は、遠目から見るとまるで粉雪のように見えるので、クリスマスパーティでの和装としてもよく、白地に唐花模様を織り出した袋帯を合わせて、はんなりと現代風に着こなします。
また、鮮やかなひわ色に、梅の模様を織り出し、ところどころピンクやクリームの色を用いた西陣織の着物は、織物ならではの光沢感が訪問着では少し重苦しいかなと考えられる都会のレストランでも、ちょうどいい具合に存在感を発揮することが可能です。
白地に袋帯を合わせれば、まるでプリンセスのような気分で着物を着こなすことができます。



着物の訪問着選びで注意すべき点

現在日本でも着物を着る機会はそう多くはありませんが、改まったシーンで着用しようと考え購入することもあるのではないでしょうか。
その中の一つである訪問着は、色留袖についでフォーマルなものとなっており結婚式や同窓会、改まったパーティーに着用して行くことができます。
しかし一口に訪問着といってもデザインは様々で、格式の高いものから気軽に着ることができるオシャレなものまで様々です。
オシャレ着にしかならないものを選んでしまうと、フォーマルな場に着て行った際にマナー違反で非常識な人だという認識をされてしまうので気をつけなくてはなりません。
オシャレ着となるタイプの訪問着は、少し気分を変えて出かけるときな身近な人のお宅にお邪魔する時に着るものと考えておき、購入時にはデザインには充分気をつけておくことが大切です。

次の記事へ

PAGE TOP