home > レンタルと販売のお得情報 > 失敗しない訪問着選び

失敗しない訪問着選び

訪問着の選び方で失敗しない方法は披露宴が主な用途なら華やかな物を選ぶようにします。披露宴向けなら上品で華やかな物がふさわしいです。
主役はもちろん花嫁ですが参列者にも場を華やかにすることが求められています。披露宴に何回か着る予定があるのであれば、華やかな物を選ぶ事です。そこでお勧めなのが京友禅の物です。地色がパステルカラーの古典柄なら間違いなしです。
柄も大きくて金彩もあって華やかになっています。選ぶ時にはほぼ全身が同じ色になるから洋服の似合う色とは必ずしも一致しません。色合いも洋服と違ってくるからまずは、羽織って顔映りを確認しておくことです。

次に子どもの行事が主な用途なら付け下げがお勧めになります。子供の行事に相応しい着物は訪問着で付け下げや色無地になります。主役はあくまでも子供なので母親は付添胃になっています。
だから少し控え目な装いをすることが好まれています。そこで少し控え目な柄が向いています。また七五三は秋、入学式なら春になるから季節によらない柄を選んで置くと着まわしをが効くからお勧めです。
もし披露宴に呼ばれる機会がなさそうならば付け下げを選ぶとよいかもしれません。そこでお勧めは鼓柄という古典柄の一つで上品なイメージになっている物があります。
古典柄を選べば披露宴からお出かけまで幅広く着ることができます。披露県の時は礼装向けの袋帯をお出かけの場合なら名古屋帯を合わせて着ると素敵です。

お茶会が主な用途になっているのなら柄に小さな訪問着を選ぶ事です。華やかなパーティーで着る附け下げ等とは違って落ち着いた品格のある着物が好まれます。お茶会は狭い室内で行われるものだからはでな訪問着では違和感があります。
そこでお茶会が主な用途になっているのなら柄の小さめに古典柄を選択するようにします。ひかえめなので子ども行事にも使いまわしをすることができます。帯を派手にすれば披露宴でも着ることができます。
もし、用途が決まっていないのであれば、付け下げ訪問着を選びます。結婚前に着物をそろえたいとかき物も一枚は揃えておきたいなど予定がきまっていないのなら付け下げか、柄が控えめな物を選ぶようにするといろいろな行事に使いまわしをすることができます。
柄が控えめな物であれば、友人の披露宴や子ども行事、お正月のお茶会まで使いまわしをすることができます。水色は人気の地色になっているからこの色なら20代から60代までの方でも着ることができます。

次の記事へ

PAGE TOP