home > レンタルと販売のお得情報 > 凛とした着物姿にふさわしいパーティー訪問着

凛とした着物姿にふさわしいパーティー訪問着

冬の華やかな着物姿にインパクトと洗練された印象を残すのが、更紗模様です。
唐草や唐花などの模様を持っているしなやかなゴージャスさは、いうに及ばす、パーティシーンに不可欠な女性らしい凛とした緊張感を醸し出し、都会で華やぐ空間にもふさわしい装いを実現してくれます。
一方、着物という日本の美をより一層アピールしてくれる和様の色や模様の訪問着は、伝統的な意匠美や季節を感じさせる模様が、改まったシーンにふさわしい礼節を感じさせ、何よりドレスや外国の中にあっても日本人女性の美しさをより輝かせてくれます。
更紗と和様という2つのタイプの模様をおさえることができれば、冬のパーティスタイルの完成です。
対峙する2つのタイプの女性らしい訪問着できらびやかにパーティーの中心として華になるような着こなしを極めることができます。



着物の着用シーンにより訪問着の帯あわせを変える

牡丹唐草の意匠美が豊潤なブラウンカラーに映し出された柄に、季節を問わない格調と華やぎのある訪問着には、クリーム地に向い鶴や料紙、古典の草花柄などの吉祥文様の柄を配した袋帯を合わせれば婚礼シーンにも合う装いになります。
白っぽい小物を加えてさらに格を高めた着物姿になります。
また、華文などの入った白地の訪問着は、帯合わせによってモダン味が感じられますが、金をふんだんに用いた重厚な道長取りの帯をあわせれば、茶会などの改まった席にふさわしい装いです。
小物も晴れやかなものを選ぶようにします。
そして、オレンジみのある、まろやかなピンク地に麗らかな更紗模様が表された着物には、白地にカラフルな七宝つなぎなどを配した袋帯を合わせれば明るい色のコーディネートになります。
端正な袋帯を合わせたことで、子どもの入学式をはじめ品格のあるシーンで、若やぎと好印象を演出可能です。



着物女性のパーティスタイルは更紗柄の訪問着で

舶載の模様である更紗は、和洋の美しさを兼ね備えた意匠です。
流れるようなデザインと品格のある趣が大人のエレガンスの強い味方になります。
メリハリのきいたコーディネートにすれば、よりキリリとした着物姿となり、パーティスタイルによく合ういでたちです。
光沢のある鈍色が洗練された印象の訪問着は、とろみのある地に金をふんだんに用いた更紗で、ダイナミックな表現になります。
花七宝模様のねん金の袋帯とのコーディネートにすれば、濃地に金が映える辛味のきいた豪華な取り合わせとなり、存在感を醸し出してくれるドラマチックな装いです。
また、光沢のある白の綸子地に華文や唐草をしなやかに配した着物には、牡丹唐草の唐織の黒の袋帯を合わせることで、全体の模様のテイストを統一することができ、モノトーンの取り合わせにより、コントラストをきかせた装いがとても豪華で都会的な印象になります。

次の記事へ

PAGE TOP