home > レンタルと販売のお得情報 > パーティーに欠かせない着物は和様の美を醸す訪問着

パーティーに欠かせない着物は和様の美を醸す訪問着

格調や正調といった印象を醸しだす訪問着は、改まったパーティーには欠かせない存在です。
新年を寿ぐ会などが多い時季にふさわしいのが、伝統の美しさが漂う、日本的な模様や趣になります。
クリーム地に染め疋田を加飾し、牡丹や葵などの百花で構成された総刺繍の訪問着は、意匠美の際立つ王朝の薫りと重厚な総刺繍で優雅なたたずまいになります。
黒地に草花詰めの七宝つなぎなどの唐織の袋帯をあわせて、装いを引き締めるようにするとより美しいです。
また、鮮やかなブルー地にカラフルな疋田や伝統柄のモチーフを詰めた宝尽くし模様のひとつである柄を配した着物は、古典柄ですがリズミカルな新味あふれる構成で、洗練された印象になります。
着物の色をひいいた華文の袋帯で、着映えするすがすがしい色に金嚢という新鮮な柄付けにセンスの妙が生まれてきます。



着物の和の趣をイメチェンする訪問着のコーデ術

香り高いロウ梅を伸びやかに表した上品な紫地の訪問着は、花の鮮やかな黄色とのコントラストで華やぎの中に輝きを放つ着物です。
強い色にきっぱりと映える白地に、金の松皮菱の丸と牡丹唐草の袋帯で、新春の麗らかさを表現することができます。
また、艶やかな女性を印象付けるこってりゴージャスをテーマにするのであれば、紫地の一枚に黒地に蒔絵をイメージした七宝つなぎをぎっしりと表した袋帯を使います。
品格を忘れない大人の色気をアピールすることができ、一枚の着物を帯合わせによりイメージチェンジすることが可能です。
こってりとした印象が濃色の帯でドラマチックな仕上がりとなります。
華やぎの場に瀟洒な存在感をかもし出してくれる和様を強調した模様の訪問着は、このようにしてイメチェンをはかることができます。
なりたい自分をイメージしてお気に入りの装いでパーティシーンに向かうことが大事です。



一枚の着物の印象をガラリと変える訪問着の帯合わせ

裾を白くぼかしたブルーグレー地に、雪を思わせるようなロウをたたき施し、白や黄色、シルエット風にした梅を絵画的に表した訪問着は、デザインのこだわりが垣間見える一枚で、黄色の梅が存在感を放ちます。
黒地に多彩な若松菱の袋帯を合わせてコーディネートすれば、特別な独創性から大人の余裕を感じられる装いです。
また、この清々しい地色に黄色の梅という着物には、白地に螺鈿箔などで葡萄を表した袋帯を合わせて、イメージチェンジすることもできます。
清廉ですっきりとした印象の白帯は新しい年を迎える新春パーティーの場にぴったりです。
帯締めなどの小物で赤みを挿すことで、女性らしさを出すようにします。
ほかにも、クリーム地の加賀友禅の訪問着は、日本の美しい風景画を鑑賞しているかのような一枚で、栗皮色地の袋帯を合わせれば、古典美で魅せることができますし、金糸を多用した袋帯なら華やぎをプラスできます。

次の記事へ

PAGE TOP